HOME

企業情報

お問い合わせ

サイトマップ

木匠舎

世界に一つだけの住まいのカタチ

0120414014

コンセプト

建築実例

お客様の声

初めてのおうちづくり

お問合わせ

見学会イベント

当社について

 

家造りの流れ

土地選びのポイント

資金計画のポイント

STYLEBOOK

home

お客様の声

 

T様

pic

pic

pic

pic

pic

pic

〜プラスハウスで家づくりをしたT様のお話〜

「家づくりは、優先順位を家族としっかり話し合った上で予算を組むのが大事です!」

 

―住み心地はいかがですか?

以前住んでいたアパートが冬は寒く夏は暑く、ナメクジやゴキブリと同居状態で、すきま風もひどく(笑)そこから正反対の生活になりました。妻の両親がよく遊びに来るのですが、冬の時期は家の中が暖かくて驚いていましたね。快適になり嬉しいです。

 

−今回のインタビュー初の平屋のお家ですが、元から平屋が希望だったんですか?

いや、むしろ当初は2階建てで考えていました。平屋にしようとは思っていませんでした。初めてモデルハウスを見学した際にヒアリングしてもらい、次回の打合せで提案として出された2階建てと平屋のプランを見て、平屋のほうをとても気に入ってしまって。実はそこから、また3〜4件ハウスメーカーをまわって平屋でプランしてもらったのですが、どれも納得できず、検討した結果プラスハウスに決めたんです。間取りに関してはほぼ、ファーストプランのままで、予算の関係でひとつ部屋を減らしたくらいです。

 

−建築のご予算はどのようにして決めていったのですか?

プラスハウスに相談して、フラット35の審査をしてもらいながら具体的に決めていきました。変動金利は最終的な総支払額見えづらく怖かったので、全期間固定にしました。家を建てる当時、国の金利優遇の施策のタイミングとも運よく重なり、金利優遇適用の規定に合うように家の仕様をプランしてもらいました。

 

−元から無垢材や自然素材には興味があったんですか?

家づくりを検討し始めたころは、特にこだわりはありませんでした。ただあちこち展示場を見に行ってもどこも同じような雰囲気で似ていてピンとこなかったんです。それから伺ったプラスハウスのモデルハウスがとてもかっこよくて。いろいろ見ているうちに自然と無垢材に興味に興味が湧いてきました。モデルハウスでも使われているカリンの床材の風合いがとても気に入って、自分の家にも採用しています。本物の無垢材は夏場などは特に集成材と違って足にベタベタまとわりつく感触がなくて、いつでもサラサラで足触りがよくとても気に入っています。

 

−家の中で一番気に入っている場所はどこですか?

やっぱりリビングですね。家族みんなで一緒にいることが多いです。娘も子供部屋にいるよりリビングで過ごすことが多いですね。また、リビングの横に多目的スペースを設けているのですが、あえて仕切らずLDKと一体感をもたせてあるので、平屋とは思えないくらい広々と解放感があり気に入っています。夫婦で仕事に出かけている間は洗濯物を多目的スペースに干せるようにしてあるのですが、洗濯機のある洗面のすぐ横なので、家事動線がよく運ぶのが楽です。

 

−これから家づくりを検討している方々へ、何かアドバイスをお願いします!

無理のない綿密な資金計画!家の打合せをしていると、あれもしたいこれもしたいとどんどん夢が膨らんで予算オーバーしがちですが、プランの優先順位をはっきり決めて予算組することが大事だと思います。

 

家づくりQ&A

Q・家づくりを考え始めたきっかけは?

A・手狭になってきたのと、子供が小学校に上がるタイミングで建てようという話になりました。また、以前住んでいた市営アパートが震災でだいぶ傷んでしまったのもあります。検討し始めてからプラスハウスに決めるまでは、おおよそ一年弱くらいかかりました。

 

Q・プラスハウスで建てることになった決め手はなんですか?

A・ひたちなかや水戸の展示場をまわったりしていたのですが、いずれも予算オーバーでした。近所に建っている家がかっこいいなと思っていて、たまたま手に取った住宅雑誌に偶然同じ家が掲載されていて、問い合わせをしたのがプラスハウスとの出会いです。見学したモデルハウスもとてもかっこよく、書いてもらったスタイルブックに一目ぼれをし、その時からほとんどプラスハウスに心が決まっていたように思います。

 

Q・打合せで印象的だったことはありますか?

A・プランナーさんが、自分たちでは思いつかないようなプランを提案してくれて、とても頼りになりました。家全体の色合わせなどは、プランナーさんのセンスにお任せしました。